YOSHIDY'S BAR

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京ヴェルディ1969戦

<<   作成日時 : 2006/03/12 14:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

湘南ベルマーレ 2ー0 東京ヴェルディ1969

なにげに観客1万人越えの試合となった今節、また見に来てくだせぇ。

今、録画を見て確認しつつ書いているのだが、
前半、ボランチの悠介とニウ゛ァウドのコンビネーションが合わず
ヴェルディに攻め込まれ、平本が良い位置にいるのでやべぇなぁと思いつつ試合は進む。
前半の後半から悠介、ニウ゛ァウドに加え加藤が入って、
中盤の守備を考える配置にしてトリプルボランチになったのかと思っていたが、
どうもスカパーによると、ニウ゛ァウドが中盤の底で守備を行うようになったらしい。
確かに、後半になるにつれてその印象はあった。
結果的に、悠介が前線に上がっていって攻め込む機会が増え、
チャンスを作っていたのは確かである。
ブラジル人トリオは、コンディションが上がっているのか、
柏選の時より状態が良く、見ていて面白いし、
ニウ゛ァウド、アジエルの守備での(特にニウ゛ァウド)貢献が光っている。
ファビオも裏を取る動きなど最終ラインの抜け出しが良い。
ブラジル人トリオは、期待できるのではないだろうか。

1点目を決めた横山も、ここ数年見られなかった詰めた後のシュートは期待できる。
そして、またここ数年、カウンターなんてものが見られなかったベルマーレで、
カウンターが見られるのは良い状況である。

ただ、望の状態が心配であるとともに、望の状態が悪いのであれば、
今日交代した公祐をスタメンで出すのも良いのではないか?
今日も、クレバーな守備でボールを奪取するとともに、
目を見張るパスを出していた。

まだまだ2試合が終わった段階ではあるが、
J1から落ちてきたクラブとの対戦で、自信を深めたのではないだろうか。
ただし、1クールを終えないと何もいえない状況であるのは確かで、
楽観視はできないがちょっとだけ期待しても良いかなぁ...と思う。

しょうにゃん べるにゃ〜れ♪hide's VoiceKilling Time
サッカーコラム トータルフットボール湘南サッカージャーナリストの日記
といったブログを見にいくのをお勧めします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京ヴェルディ1969戦 YOSHIDY'S BAR/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる